”光とともに”

光とともに・・・ 第1話

『光とともに』…第1話
ビデオに撮ってはや1週間?!やっとみることが出来た!
いやぁ~泣けた。とにかくまいったよ~。…と言うしかない。
それは私が”母親”だからだろうか?
いやいや、それだけじゃないと思う。いろんな人に観てもらいたいドラマだ☆

私の場合…
始まりの”光の母親が光を出産するまで”の回想のシーン。
いろんな思いを胸に10ヶ月、お腹の子を守ってきて、出産。
腕に抱く我子の愛しいこと。。。
あの生まれ出て間も無い赤ちゃんの感触が思い出され・・・
思わず自分の出産の時と重ねてしまい、そこから涙腺が(TT)

普通の出産で、大事に育て、普通に育ってきたはずの息子が、
「他の子とちょっと違う?」「考えている事が解らない」その不安。
母親である自分と息子との間の絆を感じられないもどかしさ。
一生懸命な母親のその”気持ち”は計り知れない。
世間から、家族にまで、「どうしてだ?」「何故こうなった?」って
攻められる母親の気持ちを思うと涙が止まらないシーンが多く、
ティッシュ片手にCMを真剣に早送りしている私がいた(>_<)

”我が子”は夫婦の子であるが・・・母親って、ある意味孤独だったりする。
植え付けられる?!ベースの卵から始まり、自分の身体の中で育てる10ヶ月。
産むのも自分。自分のお乳をあげ、自分のペースで育てる。
だから母親は大抵、子供に何かあれば自分の責任では?と悩む。
表面には見えなくても、心のどこかでそう思う母親は多いと思う。
このドラマでもそうだ。
我が子が自閉症になった母親本人の気持ちは計り知れないけど、
どんなに苦しいか?不安か?孤独か?
もうドラマに入り込んでしまって・・・痛いくらい(>_<)

ドラマでは、そこへ救いの言葉。
ひょんなコトから知り合った女性の一言で光の母は救われる。
たまたま特殊学級の先生だった訳だけど。
  『 あなたのせいじゃないですよ 』
ああ・・・上手く言えないけど、こういう力ってスゴイ。
母子関係だけにあらず、第三者の声に心を救われた話しは多い。

このドラマ、まだ第1話ではあるけど、
とても惹かれるのは、母親が子供をしっかり愛し、前向きに進んでいこうとする姿があるからだと思う。
難しい事はあるだろうけど、”前向きな姿・笑顔”って素敵だ。
これからの光を取り巻く人達がどう変わってゆくのか?
とても楽しみなドラマだと思った。


感想を書き続けるか解らないけど、ドラマは全話みるだろうな。
おまけにマンガも買うかもしれない。←単純な私(^^;
[PR]

by mikileon | 2004-04-21 11:06 | ■今まで・・・